アーティフィシャルフラワーは高い?安いアーティフィシャルフラワーで後悔したことありませんか?

アーティフィシャルフラワーは高い?安いアーティフィシャルフラワーで後悔したことありませんか?

100円ショップにホームセンター、インテリアショップなど、近頃はいろいろなショップでアーティフィシャルフラワーや造花の販売を目にすることが多くなりました。価格やデザインなどの選択肢も増え、ますます身近な存在となってきたと感じられることも多くなったのではないでしょうか。


しかし、高品質なアーティフィシャルフラワーは、まだまだ出会いのチャンスも少なく、しかも高価なものも多いと言われています。実際に、生花よりもアーティフィシャルフラワーの方がもっと高いと感じられる方も少なくはないと思います。

 確かに、デパートなどで売られている商品などを見ると、ビックリしてしまうくらいの価格帯のものも!インターネットで検索していても、「素敵だな」と思う商品は高価であることが多いです。
実店舗ではなかなか出会えないとはいえ、高価格帯のアーティフィシャルフラワーが比較的注目されてきているのも確かなようです。

 

今回は、価格面についてそんな風に感じていらっしゃる方に向けて、アーティフィシャルフラワーが高値で販売される理由について、お伝えしたいと思います。

 

1.そもそも、なぜアーティフィシャルフラワーは値が張るものが多いのでしょうか?



主な理由は、以下の3点です。

・「材料へのこだわり」

 アーティフィシャルフラワーには、高品質の材料が使われることが多くな  っています。これは、適切な質感や生花のような色味を再現するために、質の良い材料が求められているからです。
 高品質=高価格となることから、クオリティを重視した結果として、製造費が高くなってしまうことがあるのです。

・「技術と手間」

 アーティフィシャルフラワーを作るためには、専門的な技術や手間をかけることも必要とされています。製造過程においては細かい作業も多いため、機械で全工程を制作できるわけではなく、熟練した職人技が必要とされる場面も多々あるのです。
 実際のところ、花や植物の複雑な形状や繊細な色味をリアルに再現するには、職人による多くの時間もかかります。
 これらは製造費コストが増加する要因となっています。

職人技

・「高品質を追求すること」

 そもそも高品質なアーティフィシャルフラワーは、上記で述べたように製造にかかる費用が高価になりがちです。加えて、「どうせ飾るのならば、よりクオリティの高い、リアルなものを!」とお考えの本物志向のお客様が増えていることにより、ますます品質が注目され、高品質・高価格のものに人気が集まっています。
 その結果、全体的に高価格帯のものが目立つようになったと思われます。

 

 以上がアーティフィシャルフラワーが高価になる主な理由と考えられています。

 

 ユーザーとしては、もちろん価格は安いに越したことはないですよね。
ですが、もとよりアーティフィシャルフラワーは耐久性にも優れ、年数を経ても極力色褪せや劣化しないように設計されているものが増えています。このように長期的に使用ができることやお手入れの簡単さも考慮すると、最終的に考えてもコストパフォーマンスは良いのではないでしょうか。

 


2.まとめ


 アーティフィシャルフラワーの価格は品質、職人技、デザイン、使用された材料などによってさまざまなタイプがあります。価格と品質のバランスを見ながら、
皆さんもお好みのタイプのアーティフィシャルフラワーを探してみてくださいね。

 

 Keep Bloomin. のアーティフィシャルフラワーは、花のリアルさ・お手入れのしやすさを重視しつつ、価格もできるだけ抑えました。

これからの暖かくなる季節にぴったりなチューリップ、お部屋に飾ってみませんか?

 

Keep Bloomin. チューリップ つぼみ7本セット

チューリップ アーティフィシャルフラワー

ブログに戻る