チューリップ白

「お花を置きたい」と「また枯れてしまった!」という想いの間での葛藤、、、でも花が好き!

お花の存在は、毎日の生活に潤いを与えてくれますよね。

でも、お手入れや花の保ちに関する悩みが絶えない、、、

そんな実体験と、店長である私自身の「洗えるリアル造花」との出会いについて、ご紹介します!

 

「お花のある生活」への憧れ

部屋やお庭など、ふとしたときにお花や植物が目に入ると、心に余裕が生まれるっていうこと、ありますよね。


私自身も、お花が大好き!

お花屋さんの前を通りかかると、

「この花初めて見るけど、かわいいなぁ♪」
「チューリップの時期になったのね!」

などと、ワクワクします。

花屋の店先

でも、実際に購入まで至るのは、まれ。


なぜかというと、お手入れ下手で、すぐにお花をダメにしてしまうから。


毎日水を替えたり、色々調べて、花持ちをよくする液剤や十円玉なども試してみたけれど、数日で傷みが出てきて、そうなるとかわいそうな感じが否めなくなってしまう。


この時点で、花を楽しむというより、「いつ捨てるべきか」ということばかり気になって、逆にそのお花の存在がマイナス効果。


我が家でのお花の効果は、購入早々に消えてなくなってしまうのでした。


もちろん、そんな生花の様子も愛おしいと思われる方も、たくさんいらっしゃると思うのですが、毎日、仕事や家事で忙しく、さらに子育てまで加わり、家も心の中もカオス。

私にとっては、「この上お花の世話まで無理!」と思うようになってしまっていました。

 

 

「洗えるリアル造花」チューリップとの出会い


そんなときに出会った、これらのお花たち。

私が初めて出会ったときは、冬本番で外がとっても寒い時期だったのですが、
「あれ?もうチューリップが咲いてるの?」
という驚きでした!


少し離れた位置からでも、そのチューリップの存在が目にとまり、近くで手に取るまでは、本物ではない、造花だ!ということにも気づきませんでした。

ピンクのチューリップ 1束

数年前の出来事ですが、「これだったら、ずぼらな私でも家に置いておける!我が家にもほしい!」と、即座に思ったのを今でも覚えています。

 

 

チューリップを我が家に迎えてから、
簡単すぎるお手入れにオドロキ!

その後、無事に購入し、私は寝室のベッドの近くにそのチューリップを常に飾っていました。

ベッドに入るときなど、ふとしたときに目に入るのが心地よかったのですが、寝室には布団や洋服があるので、気づくとお花もほこりをかぶっている状態!

数ヶ月ほど経過したときに気づき、
「うわ~!これは汚い!」
と思い、ほこりを払いましたが、数ヶ月間置きっぱなしの状態でほこりも積もっていたので、払っただけでは細部までキレイにとれませんでした。

そこで、水道で流水をジャバジャバとかけてみると、、、、、


なんと、ほこりもキレイに落ち、もとの鮮やかな状態に!

しかも、水滴がついている状態は、みずみずしさもあって◎!


タオルなどで拭き上げることもせず、軽く水を切って、そのまま花瓶に戻し入れました。

こんな簡単お手入れですむので、
「自然乾燥でOK!面倒くさがりの私にもピッタリだわ~!」
とさらに嬉しくなりました!

水滴のついた洗えるリアル造花・チューリップ白
(この水滴の感じ?ご覧いただけますか?)

その後、たまたまわが家を訪れた友人も、そのチューリップの存在に気づき「ぜひほしい」と購入。
あとから彼女のお宅に飾った写真を送ってもらったのですが、
シンプルなインテリアの中で、うすピンクのチューリップの束が、明るく引き立っていました。

「リアルに見えるところが気に入って買ったけれど、お手入れいらずで、ラク!」と、彼女からの評価も上々でした。





 

このお花のリアルさについては、ネット上では写真でしかご紹介できないので、伝わりにくい部分もあるかと思います。


ぜひ一度実物を見ていただき、同じような思いをされている方が、ちょっとだけでもほんわかと和めるようなお手伝いができたら光栄です!



「本物のようにリアルな見た目」でありつつ、「ほこりを水で流せる」当店の「洗えるリアル造花」、ぜひお試しください。

 

 

【洗えるリアル造花】アジサイ 1枝

洗えるリアル造花 ピンクのアジサイ

 


【洗えるリアル造花】チューリップ つぼみ7本セット

洗えるリアル造花 白チューリップ

ブログに戻る