造花のプレゼントってNG?失礼にならない?  もらってうれしいアーティフィシャルフラワーのギフト!

造花のプレゼントってNG?失礼にならない? もらってうれしいアーティフィシャルフラワーのギフト!

お花のプレゼント、と言えば、生花のブーケだったり、アレンジメントのお花が思い浮かびますよね。アーティフィシャルフラワーは日々進化しているとはいえ、まだまだプレゼントとして利用される方は、生花に比べ少ないかもしれません。

 

それでも、衛生面やお手入れが簡単な点などが人気を呼び、店舗のオープンや会社のお祝いだったり、個人でご自宅用に購入されるケースも確実に増えてきています。

 

ここでは、「アーティフィシャルフラワー」というよりもむしろ以前から「造花」に対するイメージがあまりよくなく、そもそも「プレゼントに造花を送ってもいいのかな?」と考えてしまう方や、迷われている方のために、アーティフィシャルフラワーのギフトについてご紹介しますね!

 

1.造花をプレゼントしてもいいかな?迷ってしまう理由とポイント

私たちにとって身近な造花、といえば100均の造花ですよね。

100均の造花、とてもお手軽ですが、やはりプレゼントとして選ばれる方は少ないのではないでしょうか?なぜなら、造りが荒く、安っぽく見えてしまったり、造花自体が生花の偽物といったイメージがあり、そもそも選択肢に入りにくいといった面があると思うからです。

実際に「本物の花に似せているが、本物らしさがない」「美しさに欠ける」という意見もあります。造花には生花のような自然の美しさや香りがないため、感動や感傷的な価値がないと考える人もいます。


迷う女性

 

以前は私もそういった想いから離れられず、造花をプレゼントにするなんて、ちょっと考えられない!と感じていました。

しかし、造花は最近すさまじい変化を遂げています。特に、アーティフィシャルフラワーと呼ばれる、言われなければ造花と気づかないほどのクオリティの物も数多く見られるようになってきました。
※アーティフィシャルフラワーは、「生花をリアルに再現し、生花にはない美しさを表現して造られた花」(日本アーテフィシャルフラワー協会による定義づけ)

一般的な造花よりも、ナチュラルで生花に近い見た目は、古い造花のイメージとは全く違いますよね。

このような新しく進化した造花なら、贈り物としても喜んでいただけそうです。

特にご家族など、気心の知れた方へのプレゼントであれば、アーティフィシャルフラワーの方が、贈ったあともお世話やお手入れが簡単ですし、耐久性もしっかりしているので、美しいままの花姿で長く部屋を彩ってくれることと思います。お花としてだけでなく、インテリアの一部として存在感を発揮してくれそうです。

 

2.アーティフィシャルフラワーのギフト、どんな方に喜んでもらえる?


アーティフィシャルフラワーはこれまでの「造花」というよりも、新たに進化した「アーティフィシャルフラワー」と考えれば、選択へのハードルも低くなりそうですね。実際のところ、アーティフィシャルフラワーのメリットは沢山ありますのでお祝いなどのプレゼントやちょっとしたギフトとしてもピッタリ。

 参考コラム: アーティフィシャルフラワーの特長 

 

特に、以下のような方々には、メリットも大で喜ばれそうです!

 

・忙しい方

お仕事や家事・育児などで忙しい方から、「花のある部屋は素敵だけれど、今は花のお世話まで手が回らない!」という声を聞きます。実際のところキレイな花束をいただいたり、自分で購入したとしても、その後「家で水揚げが上手にできるかな?」「毎日水替えしなくちゃ!」「花粉が服についてしまった!」「さらに下に落ちて、床が汚れた!」「水替えサボったら、カビてた!」「捨てるの大変!」など、私の経験から思いつく中でも毎日の負担になりそうな点がザクザクと出てきます。
こんな方には、アーティフィシャルフラワーがピッタリ。忙しくて花のお世話をつい後回しにしてしまい、放置してしていても、絶対に枯れることはありませんし、虫や花粉など、衛生面でも安心です。お手入れもほぼフリーで、直射日光を避けて飾ればおよそ1か月に1回ほど埃を除去していただくだけで、元通りの美しさをキープできますよ。

ご家族などお誕生日や母の日などのイベントで、お花をプレゼントしたいけれど、その後すぐにダメにしてしまうことを心配されている方への贈り物としてもおすすめです。

 

・ペットを飼っている方

アーティフィシャルフラワーは、室内でペットを飼っている方にもおすすめです。それは、犬や猫を飼っていると、その子たちが観葉植物などを食べてしまうとのお悩みが非常に多く寄せられるから。しかも、その観葉植物の葉に毒性があったとしたら・・・と考えると、とても恐いですよね。
ギフトなら、「うちはペットがいるから、花や植物を置けないの。」と思っている方へのサプライズでも良さそうです。

 

・小さな子どもがいる方

ペットと同じく、小さな子どもがいる方も、子どもがいたずらしちゃうから・・・。と、心配される方が少なくないようです。
子育ての大変な時期だからこそ、親にとってはお花の存在が癒やし効果にもなりますよ。

 

・花粉症などアレルギーのある方

アレルギーで悩んでいる方は、生花の花粉や香り、小さな虫なども気になったりされるのではないでしょうか?私自身も花粉症なので、スギやヒノキといった明らかに花粉症を引き起こす植物でなくとも、花粉が飛ぶ花はなんとなく心配。
さらに、ユリなどの花粉の汚れはお洗濯で取れにくいことも多いので、なんとなく花粉は避けたいと思ってしまいます。

また、アーティフィシャルフラワーには特に香りがないので、食卓などでも飾りやすいという声もいただいています。

花粉のためやアレルギー対策で、なんとなく花を敬遠されている方が周りにいらっしゃいましたら、ぜひアーティフィシャルフラワーを贈ってみませんか。

 

・番外編:カフェ、レストランなど飲食店、事務所の受付、結婚式など

カフェやレストランなどといった飲食店をはじめ、会社の受付や玄関など多数の人が訪れる場所のインテリアとして、アーティフィシャルフラワーの需要は大きく広がっています。 
彩りがほしいけれど、生花はNG!
飾ってみたいと思っていたけれど、手入れが行き届かないから諦めていた、という場所にピッタリのものとしても、かなり注目を集めていますよ。

結婚式やディスプレイ装飾などにも、今や欠かせない存在です。

 

 

3.アーティフィシャルフラワーをプレゼントする際に気をつけるポイントは?

 

・アーティフィシャルフラワーは風水的にはマイナス? 

生花がお好きな方や、生きている状態を大切に考える方には、アーティフィシャルフラワーが生花に似せて作られているという点からして、たとえリアルでナチュラルに作られているとはいえ、マイナスに捉われるかもしれません。

また、風水を生活の中で重視している方には、アーティフィシャルフラワー=造花だから、運気を下げると思われることもあるようです。そのような方には、贈り物として造花を贈るとあまり喜ばれない可能性もあります。 

風水については、また改めてコラムでご紹介しますので、そちらも参考にしてくださいね。

 

・喜んでもらうには?

プレゼントとして贈りたいときは、まず贈る方の好みや考えを汲み取り、その上でどのようなお花を贈るのがベストなのかを考えると良いでしょう。
場合によっては、他の物と組み合わせてセットで贈る、というのも一つの方法ですよ。

私自身は、アーティフィシャルフラワーはギフトとしてどのようなシチュエーションでも贈りやすいと感じています。たとえ、元々アーティフィシャルフラワーにポジティブなイメージがなかったとしても、実際のリアルな商品を目にして気に入られる方もたくさんいらっしゃいますし!

 

・お花の種類や花言葉、色などがマナーとしてNGとなる場合も

生花についても言えることですが、花言葉や贈るシュチュエーションによって、避けた方が良い花の種類や色などもあります。
こちらは事前によく調べ注意して贈ってくださいね。

参考:チューリップの花言葉

 

・贈る際には、メッセージなどで気持ちを伝えて

プレゼントをいただいたとき、手書きのメッセージカードなどで温かいコメントがあれば、うれしさも倍増したご経験ありませんか?

想いを込めて選んだギフト、この想いが贈る方にもより強い印象として残るはず。

プレゼントされる際は、ぜひメッセージを追加されることをおすすめします。

 メッセージカードと花ギフト



4.まとめ

以前の古い造花イメージとは大きく変化しているアーティフィシャルフラワー。リアルさがますます増しているのに加え、お手入れ要らずで長期間飾れる、ペットや小さな子がいても飾りやすい、アレルギー対策としても〇と、ギフトとしても、今後需要が増えていきそうです。

実際にプレゼントとして贈りたいときは、まず贈る方の好みや考えを汲み取り、その上でどのようなタイプのお花を贈るのがベストなのかを考えることをおすすめします。
場合によっては、アーティフィシャルフラワー以外の物と組み合わせも、華やかさが増しそうです!

相手を思いやる気持ちがあれば、必ず喜ばれるギフトになりますね。

 

 

ブログに戻る